「花グラフィック」と

ファッションブランド「UNTITLED」の

夢のコラボレーションが実現!


全国有名百貨店にSHOPを展開し、上質を日常で着るよろこびをご提案するファッションブランド「UNTITLED(アンタイトル)」から、KEITA KAWASAKIデザイン「花グラフィック」のアート作品をプリントしたファッションアイテムの販売が決定いたしました!

4/3(水)よりUNTITLEDの期間限定POP-UPSHOP内で数量限定にて発売いたします。ワンピースやスカートなど、このイベントでしか手に入らない貴重なコレクションです。

なお、UNTITLEDの期間限定POP-UPSHOPは、全国有名百貨店のイベントスペースにて順次開催予定です。

UNTITLEDPOP-UPSHOP:リネン素材にフォーカスした様々なファッションをご紹介いたします。

ポップアップショップ スケジュール

松屋銀座 

1Fスペースオブギンザ 4月3日(水)~4月9日(火)

 

鹿児島山形屋 

ステージ101 1F 4月10日(水)~4月18日(木)

  

熊本鶴屋 

3Fエスカサイド 4月17日(水)~4月23日(火)

 

横浜そごう 

3Fシーガルコートセミナースペース4月23日(火)~4月29日(月)

 

札幌大丸 

1F 中央イベントスペース 5月1日(水)~5月7日(火)

 

広島そごう 

1Fミレニアムスクエア 5月7日(火)~5月13日(月)

 

神戸大丸 

1F 中央イベントスペース 5月8日(水)~5月14日(火)

 

日本橋三越 

2階プロモーションスペース 5月8日(水)~5月14日(火)

 

京都大丸 

1階案内所前特設売場 5月8日(水)~5月14日(火)

 

仙台三越 

定禅寺館1F光の広場 5月15日(水)~5月21日(火)

 

梅田阪急 

4Fコトコトステージ41 5月22日(水)~6月4日(火)

 

玉川高島屋 

3F T-STAGE 3 5月22日(水)~5月28日(火)

 

大分トキハ 

1F特別会場 5月23日(木)~5月29日(水)

▼アーティスト紹介

 

川崎景太 Keita Kawasaki

 

東京生まれ。フラワーデザイナーの第一人者であるマミ川崎の長男として、幼少より植物の力と美を肌で感じながら育つ。1982年、カリフォルニア芸術工芸大学卒業。以後、テレビや雑誌、展覧会などで、既存のアレンジメントの常識を打ち破る斬新な作品を次々と発表し、現代フラワーデザイン界を牽引し続けている。一方で、2006年から2013年まで、フラワーデザインのパイオニアである「マミフラワーデザインスクール」の主宰を務めるなど、後進の育成にも力を注ぐ。2014年、アーティストとしての活動にいっそう注力すべく、株式会社KTIONを設立。ブランド「Keita」を立ちあげ、ステーショナリーやファブリックなど、さまざまなジャンルのなかで植物の魅力を訴求する。

特にコンテンポラリーアートにも通じる大胆な空間インスタレーションには定評があり、「日本ディスプレイ産業優秀賞」ほか、ディスプレイやデザイン関連でも数々の賞を受賞。多彩な表情を持つ作品には「生きものとしての植物」という一貫した姿勢が通底し、現代社会に向けて「共生・共感」というテーマを投げかけている。「花は語る」他、著書や監修書籍、多数。

▼「花グラフィック」について

 

生きた本物の植物の個性を「アートの素材」として生かした、世界でも類を見ない川崎景太のオリジナルアート作品群です。

花びらやクキ、葉やツルなど、植物はそれぞれ、さまざまな色やカタチ、質感から構成されています。花の個性を知り尽くした川崎景太は、それらの要素を、ヴィジュアルを構成するエレメントとしてとらえ直し、平面的表現として再構築。他のどこにも似た存在のない唯一無二のデザイン作品「花グラフィック」として、新たな植物世界を表現してきました。

植物が含む色や形、ラインは、いったん要素に分解され、平面にプリントされることを前提にレイアウトされるため、ただフラワーアレンジメントを撮影しただけでは決して得られない、洗練された高いデザイン性がその特徴です。植物の持つ温かみと、クールなモダニズムが融合した稀有な表現として、さまざまなパッケージやテキスタイルにも採用され、大好評を博しています。